社員のストレスを見抜く「産業医が心と身体を守るそのワケ」

ケアを約束する産業医の役割とは?いるといないとの差を比較

社員のストレスを見抜く「産業医が心と身体を守るそのワケ」

医者

従業員との面接

産業医は企業の従業員と面談を行ないます。健康診断で指導が必要な従業員は、産業医との面談が必要となってくるのです。従業員の健康が改善できるように指導を行ないます。

精神面のケア

企業で働く従業員の中には、精神的に問題を抱えている人も多いのです。このような従業員の精神面をケアするのも産業医の仕事とされています。また、精神的に負担をかけないための企業作りについてもアドバイスを行なうでしょう。

職場の巡視

基本的に産業医は月に一回程、職場を視察します。職場環境を把握することで、従業員の健康を守るための対策を施せるようになるのです。問題点をしっかりとチェックしていくでしょう。

産業医がいる企業といない企業の比較

精神的な安心感がある

専門の産業医がいることによって、従業員の精神面は安定してきます。いつでも相談することができる存在がいることは、とても大きなメリットとなるのです。また、職場の問題もすぐに把握することができるでしょう。

精神的な安心感が不足

産業医がいない企業では、従業員の精神面で問題が生じやすくなってしまうでしょう。精神的に不安定になっている従業員のケアが遅れてしまうからです。職場環境を改善するための問題を把握しにくくなります。

広告募集中